(※)Supremeの製品に関しては、ご注文後のキャンセル及び、サイズ、カラー、数量変更等を一切お受けする事ができません。必ずご注文内容をお確かめの上、注文を確定してください。
上記をお守りいただけないお客様におかれましては、今後のご注文をお断りさせていただきますので、あらかじめご了承願います。
 

Sugino - SSG144 Chainring (Silver , 47T-50T) [NJS]
2011091205

11,200円(税込12,096円)

Teeth
購入数

  • ※自転車のパーツは様々な規格、サイズがあり、全てを在庫する事が不可能なため、当オンラインストアでは、在庫品の他、取り寄せ可能な商品もカートに入るようになっております。
    ご注文前に、「この商品の在庫状況をみる」より納期をご確認下さい。在庫品は即納可能です。

シマノと並び日本を代表するコンポーネントメーカーの1つ Sugino(スギノ)
レースにおいても SUGINO 製品は多くの勝利に貢献している

NJS認定のPCD144のチェーンリング


なぜ、トラックレーサーや競輪選手がPCD144で大きいチェーンリングを装着するかと言うと、同じ動力を生み出す際、クランクスプロケット(チェーンリング)が大きいほうがチェーン張力が小さくなり伝動効率が向上、更にチェーン、スプロケットの摩耗も減るため、圧倒的に有利になるわけです。

ギア比は、「チェーンリングの歯数」÷「コグの歯数」で出るわけで、「チェーンリングを小さくした分コグも小さくすれば同じじゃん!しかも、小さい分軽量!」と思いがちですが、実はそうじゃないんですね!

ただ、大きいほうが重いと言うのは事実なので、PCD144のクランク、チェーンリングは、同じアルミニウム合金でも7000系の軽量素材を使用しています。

そのため、PCD130のクランクと比べ、値段が高くなってしまうというわけです。

伝動効率の他にもう一点、PCD144のクランクをオススメする理由として、ISO規格のBBが使える点です。

BBは、見えないから取りあえず使えればいいやと言う人も多いかもしれませんが、やっぱりJIS規格の安いBBとISO規格の高いBBでは、回り方が大きく違います。

実は、JIS規格のBBってあまり良いのがないんで、走りにこだわる方は、やっぱりPCD144のクランクが望ましいです。


Model : SSG144(NJS)

P.C.D. : 144mm
Chain Size : 1/2"x1/8"
Teeth : 44T / 45T / 46T / 47T / 48T / 49T / 50T / 51T / 52T / 53T / 54T
Surface Finish : Anodized

FOLLOW @PARKSIDER ON INSTAGRAM